教員紹介
細野 薫 教授

18photo_kaoru_hosono.jpg

細野 薫 (ホソノ カオル) 教授

経済学科:マクロ経済学、金融論


略歴

  • 1984年:京都大学経済学部卒業
  • 1990年:ノースウェスタン大学経済学修士号取得
  • 2009年:博士(経済学)(一橋大学)取得

連絡先

  • E-mail:add_kaoru_hosono.png

研究分野

マクロ経済学、金融論


主要業績

詳細は個人ホームページ参照
編著書

  1. 『インタンジブルズ・エコノミー』(淺羽茂、宮川努と共編著)、東京大学出版会、2016年。
  2. 『現代経済学の潮流 2016』(照山博司、松島斉、松村敏弘と共編)東洋経済新報社、2016年。
  3. 『金融危機のミクロ経済分析』東京大学出版会、2010年(第53回日経・経済図書文化賞受賞)。
  4. 『金融政策の有効性と限界―90年代日本の実証分析―』(杉原茂、三平剛と共著)東洋経済新報社、2001年。

教科書

  1. 『日本経済論』(宮川努、川上淳之、細谷圭と共著)中央経済社、近刊。
  2. 『いまこそ学ぼう マクロ経済学  第2版』日本評論社、2016年
  3. 『グラフィック金融論』(石原秀彦、渡部和孝と共著)新生社、2009年。

査読付き論文(2015年以降)

  1. Natural Disasters, Damage to Banks, and Firm Investment (with D. Miyakawa, T. Uchino, M. Hazama, A. Ono, U. Uchida, and I. Uesugi), International Economic Review: 57(4), 1335-1370, 2016.
  2. International Transmission of the 20072009 Financial Crisis: Evidence from Japan (with M. Takizawa and K. Tsuru), Japanese Economic Review: 67 (3), 295-328, 2016.
  3. Financial Shocks, Bankruptcy, and Natural Selection (with U. Uchida, D. Miyakawa, A. Ono, T. Uchino, and I. Uesugi), Japan and the World Economy: 36, 123-135, 2015.
  4. The Impact of Demand Shock on the Employment of Temporary Agency Workers: Evidence from Japan during the Global Financial Crisis (with M. Takizawa and K. Tsuru), Seoul Journal of Economics: 28(3), 265-183, 2015.
  5. 「担保価値と資金制約:東日本大震災後の企業データを用いた分析」(内田浩史、宮川大介、植杉威一郎、小野有人と共著)『経済研究』66巻3号、pp. 224-241、2015年。
  6. 「不動産価格と銀行貸出チャネル」(植杉威一郎、間真実と共著)『経済研究』66巻3号、pp. 265-280、2015年。

学外での活動

日本経済学会、(独)経済産業研究所ファカルティ・フェロー、国家公務員総合職採用試験専門委員(平成28年度)


メッセージ

内に閉じこもらず、世界に目を向けてください!


講義・演習の方針

マクロ経済学は、国民の所得、物価、雇用・失業などが、どのようにして決まるかを考える学問です。講義では、日本や海外の最新のデータを使って、実際の日本経済や世界経済の動きを示しながら、それを理論的に説明するよう、心掛けています。また、イギリスのEU離脱やアメリカの大統領選のように、経済を取り巻く環境は、時々刻々、予想もできないような変化が起こっていますから、そうした変化とその日本経済や世界経済への影響を理解するために、時折、授業で報道番組のVTRを見るようにしています。マクロ経済学を理解して、できるだけ、誤った政策を選ばないようになってほしいと願っています。

演習では、日本経済や国際経済に関連するテーマについて、データを使った分析を行うことをテーマにしています。これには、二つ理由があります。ひとつは、ビッグデータが身近なものになり、社会に出ても、データ分析の能力が求められているからです。もうひとつは、学生自身のオリジナルな研究をしてほしいからです。言葉だけの研究レポートであれば、インターネットを使ったコピー・アンド・ペーストですませることも可能かもしれませんが、データを使った分析は、学生が自分自身でやるしかありません。これによって、自分で考える能力も身に着くものと期待しています。その成果は、ゼミのなかだけでなく、他大学とのインゼミ(合同ゼミ)でも報告できるよう、機会を作っています。学生にとって、特にインゼミでの報告は、適度な緊張感と大きな充実感があるようです。


研究テーマ

主に企業や銀行などの大量のデータを用いた実証分析を行っています。理論から導かれる仮説がデータで裏打ちされるかどうか、裏打ちされない場合、なぜなのかを考えています。逆に、理論がまだ明らかにしていないことでも、データによって重要な事実が見つかることもあります。以下は、具体的な研究テーマの例です。
詳細は、https://sites.google.com/site/hosonokaoruj/homeを参照してください。

  1. 資源の非効率な配分(ミスアロケーション)と経済全体の生産性
    いい技術、アイディア、ノウハウなどをもっている起業家も、資金調達や規制が妨げになって、新しく事業を立ち上げることができないことがあります。こうした結果、どの程度、経済全体の生産性が低下してしまうのか、逆に、規制緩和などの構造改革がどの程度生産性を向上させるのか、それらの効果を測定しています。
  2. 金融市場、不動産市場とマクロ経済
    バブルやその崩壊時に見られたように地価などの不動産価格の変動は、銀行貸出の変化等を通じてマクロ経済に大きな影響を及ぼします。その波及経路を明らかにします。
  3. 自然災害と企業行動
    東日本大震災などの自然災害は、さまざまな経路を通じて、企業による設備投資、輸出、立地などの活動に影響を与えます。こうした影響を詳細に調べることにより、復興のための示唆を得ることを目指しています。
  4. 無形資産と企業の成長
    現代の企業は、研究開発や広告宣伝を通じて蓄積した無形資産をエンジンとして成長しています。無形資産投資が設備投資や海外直接投資などにどのように貢献して企業の成長につながるのかを明らかにします。

ページトップへ