教員紹介
石井 晋 教授

石井 晋 (イシイ ススム) 教授

経済学科:日本経済史

略歴

  • 1992年:東京大学経済学部卒業
  • 1997年:東京大学大学院経済学研究科を経て、学習院大学経済学部に着任
  • 2000年:経済学博士取得
  • 2002-04年:Visiting Scholar, Stanford University

連絡先

  • E-mail:add_susumu_ishii.png

研究分野

日本経済史(近現代)


主要業績

  • 『経済団体連合会五十年史』(共著)、1997 年
  • 「研究ノート-大分の石油・鉄鋼コンビナート建設をめぐって」学習院大学『経済論集』第38巻1号、2001年
  • 『三菱ガス化学30 年史』(共著)、2002 年
  • 『戦後日本の資金配分』(共著、東京大学出版会)、2002 年
  • 「転換期のアパレル産業:1970-80 年代の歴史」『経営史学』第39 巻3 号、2004 年
  • 「戦後日本の銀行経営-銀行間競争と大衆化-」下谷政弘・鈴木恒夫編著『講座 日本経営史 5 「経済大国」へ
     の軌跡』ミネルヴァ書房、2010年『
  • 日立事業発達史- 100 年の歩み-』、2011 年(共著)
  • 「第2部 プラザ合意・内需拡大政策とバブル(1985 ~ 1989年を中心に)」内閣府経済社会総合研究所監修
  • 小峰隆夫編『バブル/デフレ期の日本経済と経済政策(歴史編)1 日本経済の記録 第2次石油危機
     への対応からバブル崩壊まで(1970 年代~ 1996 年)』佐伯印刷、2011 年
  • 「流通-流通過程の革新と小売業の発展」武田晴人編『高度成長期の日本経済 高成長実現の条件は何か』有斐閣、
     2011年「
  • 消費者保護と企業―パロマ工業事故判決に対する理工系学生の反応―」学習院大学『経済論集』第48
     巻2 号、2011 年(共著)「
  • 市場開放及び規制緩和政策」通商産業政策史編纂委員会編・阿部武司編著『通商産業政策史2 通商
  • 貿易政策 1980-2000』第Ⅰ部第2章第2節、通商産業調査会、2013 年(共著)
  • 「原子力発電の効率化と産業政策―国産化と改良標準化―」RIETI Discussion Paper Series 14-J-026、
     経済産業研究所、2014年
  • The Japanese Apparel Industry and Consumer Society from 1950 to the 1970s, Haruhito Takeda Ed., Micro-Performance During Postwar Japan’s High-Growth Era, Springer, pp3-37, 2016 年
  • 『日本経済の構造と変遷』(共編著、日本経済評論社)、2018年

所属学会

社会経済史学会 経営史学会


講義・演習の運営方針

日本経済史の授業は、20世紀初頭から1970年代までの日本経済の歴史を取り上げます。できるだけ図表、映像などを交え、ビジュアル的に理解しやすいよう心がけます。高校までの歴史とは異なり、細かなことを覚えるよりも、歴史の流れを論理的に理解することが目標です。

演習では、資料収集、プレゼンテーションの手法を磨きながら、労働のあり方、家族形成の変化、産業構造の変遷などの歴史を調べることを予定しています。


研究について、そのほか

 ここ10 年ほどは、企業に残された経営関係の資料をよく見ています。さまざまな資料から、日本の製造業は、1997-2000 年代初めに大きな転換期を経験したように思われます。株主に対する説明責任が強化されたこと、金融危機の頻発で企業業績が短期間で大きく変動するようになったことから、製造業は設備投資や雇用の拡大にきわめて慎重になりました。製造業のこうした姿勢はその後も国内については大きく変わりません。同時に、財務的なリスクを避ける傾向が強まったため、銀行からの借り入れや社債発行を抑制することも多くなりました。他方で成長著しい中国など海外進出は積極化しました。1980年代までのように、製造業における投資が日本人の生活を豊かにし、それに必要な投資資金調達のために銀行が規模を拡大するというような時代ではなくなりました。
 21 世紀以降の日本においては、個人や企業向けのサービスの拡充につながるような投資が、人々の生活を豊かにしています。インターネット通販、モバイル端末の高機能化、宅配便サービスの高度化など、きわめてきめ細かなニーズへの対応や、以前は誰も思いつかなかった欲求の創造が、消費者を満たしています。 そうした意味では、消費者として、われわれは、非常に豊かな生活を送ることができています。しかし、製造業や銀行などの雇用が減少し、他方で成長するサービス産業での労働はかなりハードなものが多くなっています。
 そうした意味では、労働者として、われわれは豊かであるとはいいがたいものがあります。きめ細かなニーズへの対応のためには、「サービス残業」のような不断の努力が求められ、誰も思いつかなかったような欲求の創造のためには、凡庸な人には得がたいきわめてユニークな才能が求められます。さらにサービスの価格は不安定で、時にゼロにまで下がることがあるため、収益モデルの構築が容易ではありません。
 おそらく、われわれは、自分自身の労働の範囲や成果を確定し、適切な価格で販売することが困難になりつつある時代に生きています。こうした時代において、どうすれば、われわれは上手く自分の人生をコントロールすることができるのか? 経済史を研究しながら、そのような現代的課題を考えています。
 研究以外では、音楽活動をしています。クラシック・ピアノ演奏、地元の小学生・中学生たちとのバンド活動などやっています。日々、努力です。


メッセージ

5年先くらいのことを想像しましょう。

ページトップへ