教員紹介
神戸 伸輔 教授

神戸 伸輔 (カンベ シンスケ) 教授

経済学科:ミクロ経済学(ゲーム理論・交渉・組織)

略歴

  • 1987年:東京大学経済学部卒業
  • 1993年:米国スタンフォード大学経営学博士号取得
  • 1995年より学習院大学経済学部

連絡先

  • E-mail:add_shinsuke_kambe.png

研究分野

ゲーム理論、契約及び交渉の経済分析


主要業績

  • "Bargaining with Imperfect Commitment," Games and Economic Behavior, 50, 321-342, 1999.
  • "When Is There a Unique Equilibrium in Less-Structured Bargaining?"Japanese Economic Review, 28, 217-237, 1999.
  • "Subjective Evaluation in Agency Contracts,"Japanese Economic Review, 57, 121-140, 2006.
  • "Emergence and nonemergence of alternating offers in bilateral bargaining,"International Journal of Game Theory, 38, 499-520, 2009.

講義の方針

社会科と大学の経済学が異なる点は、理論から現実を説明しようとすることで、このいずれの科目も、経済学の理論を学ぶ科目となります。ミクロ経済学は、マクロ経済学と並び経済学の基礎となる理論です。マクロ経済学が経済全体の動きに焦点を当てて分析するのに対し、ミクロ経済学では個人や企業の行動から経済全体を説明しようとしています。人々の消費や生産が、市場を通してどのように調整されるかを学び、現代の経済がどのように機能しているかを理解します。ゲーム理論というと遊びの理論かと思う人もいると思いますが、ここでは駆け引きとしてのゲームという意味で使っています。経済にはさまざまなゲーム=駆け引きがあります。企業間競争や売買の交渉など、2人以上の人がいれば必ず駆け引きの可能性が生まれます。従来はなかなか分析するのが難しかったのですが、このところ急速に研究が進みました。競争と協調、評判そしてやる気や学歴の価値といった現実の経済現象が、ゲーム理論の観点から説明できるようになりました。


演習について

私の演習では、ミクロ経済学とゲーム理論を応用して、現実の企業が直面する問題を調べて発表してもらっています。自分で調べ発表することは想像力と工夫とそして努力が必要でかなり苦労しますがやりがいのある作業です。これまでの参加者も、「準備はかなり大変だったがやってよかった」と、楽しみながらやってきてくれています。


研究テーマ

私はミクロ経済学とゲーム理論を応用して研究しています。特に注目しているのは組織の理論と交渉の理論です。組織の理論では、情報の経済学を用いて、限られた資源と情報の中でどのような組織を作ったら最適かということを分析しています。交渉の理論は、経済学の観点からは分配に関する分析といえます。なぜ交渉がうまくいかないときがあるか、どういうときに交渉でより多くのシェアが獲得できるかなどを、ゲーム理論を使って調べています。


メッセージ

経済学とは、経済を分析する学問です。分析とは、複雑な現象を細かく分けて、その一つ一つを解明することで、全体を理解しようとすることです。この手法は、正解がない現実の社会で役立ちます。何をしたらよいかよくわからない状況でも、よりよい答えを見つけて進んでいくことができるようになるからです。経済学を通してこの手法を学び、社会で活躍してくれることを期待します。

ページトップへ