教員紹介
三井 清 教授

三井 清 (ミツイ キヨシ) 教授

経済学科:財政学

略歴

  • 1981年 一橋大学経済学部卒業
  • 1987年 同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学

研究分野

公共経済学(社会資本整備、地方財政、政策評価など)


主要業績

著書
『社会資本の生産性と公的金融』(太田清氏との共編著)日本評論社、1995年

論文
"Economies of Scope and Shareholding of Banks in Japan," Journal of the Japanese and International Economies, (with T. Tachibanaki and H. Kitagawa), Vol. 5(3), 1991.
"The Productivity Effect of Social Capital," (with J. Inoue) Japanese Economy, Vol 25(3), 1997.
"Ex ante Free Mobility, Ex post Immobility, and Time Consistency in a Federal System," (with M. Sato), Journal of Public Economics, Vol. 82(3), 2001.
「社会資本の地方への重点的整備の評価-効率性の観点から-」岩田規久男・宮川努編『「エコノミックス」シリーズ:失われた10年の真因は何か』第6章、東洋経済新報社、2003年
「PFIからPPPへ─民営化と官民協調─」井堀利宏編『公共部門の業績評価:官と民の役割分担を考える』第5章、東京大学出版会、2005 年
"Sustainability, Debt Management, and Public Debt Policy in Japan," (with T. Doi and T. Ihori), in Fiscal Policy and Management in East Asia, edited by T. Ito and A. Rose, The University of Chicago Press, Chicago and London, Vol. 16, 2007.
「90年代公共投資政策の評価」 井堀利宏編 『バブル/デフレ期の日本経済と経済政策5:財政政策と社会保障』 第2章、 慶応義塾大学出版会、2009年
「Box-Cox 変換された需要関数の積分可能性と厚生指標―Slutsky 代替項と死荷重の近似式―」経済経営研究所、Discussion Paper Series、No14-1、2014 年


学外での活動

日本経済学会、日本財政学会、国際財政学会


講義について

私が担当している「財政学」では、公共部門(あるいは政府)の活動の中で、とくに支出あるいは収入をともなう活動について学びます。たとえば、道路、防潮堤、自然公園などはどのような基準で整備の妥当性を判断すべきか、社会保障や租税などの制度はどのような観点に着目してどのように設計すべきか、といった点について説明します。
その講義を通じて、公共部門の役割に関する理解を深めるとともに、その望ましい姿について考えるための手掛かりを提供できればと考えています。また講義を通じて、現実の経済問題の本質を捉えその問題を解決するために、経済学が如何に有益な道具であるかをお伝えするとともに、その基本的な考え方をしっかりと体系的に身につけることのお手伝いをしたいと考えています。
そのために、講義では次の二つの点を特に大切にしたいと思います。

第一に重視したい点は、実社会での経験が少ない皆さんが感じるであろう経済学との距離を縮めて、経済学に対する興味をもってもらうことです。そのために、身近な生活の中に潜んでいる経済学的な問題をできるだけ多く取り上げるようにします。また、経済学を身近な問題に的確に応用できる能力は、現実の経済問題を経済学的に捉える能力の源になるはずです。皆さんも経済学を応用して身近な問題を理解するとともに、その解決策を考えてみるということを普段からぜひ心掛けてください。

第二に大切にしたい点は、一方的な講義ではなく「参加(対話)型」の講義をおこなうことです。ノート筆記の時間を節約するために、講義で扱うテーマに関連する基本的内容をまとめた プリントを配布する予定です。その節約した時間を用いて、皆さんにとって身近な問題を経済学的に考えるためのヒントを提供しながら質問をすることで、経済学の基本的な考え方に対する理解を深めてもらいます。また、経済学の議論をきちっと理解するためには、数学的な表現方法を用いることもとても有効です。

ただし、講義で用いる数学のほとんどは中学レベルの数学ですし、グラフや数式の展開に関しては、簡単な質問で皆さんの理解を確認しながら説明していきますので安心してください。論理的な議論は、一つひとつのステップは簡単なことがらであっても、一つのステップに対する理解が十分でないとその後の議論が大変分かりにくくなるものです。
質問はいつでも大歓迎ですので、皆さんも受身で講義を受けるのではなく積極的に講義に参加してください。


演習について

2年次の第2学期と3年次の第1学期の前半は、財政学あるいは公共経済学に関連する入門レベルの教科書または一般向けの経済書を輪読します。3年次の第1学期の後半と第2学期では、各ゼミ生がゼミ論文で調査・研究するテーマの選択に向けた予備調査の結果を報告してもらいます。4年次の第2学期には、ゼミ論文のテーマに関する調査・研究の中間報告をし、そこで指摘されたコメントなどを参考にして最終的な調査・研究成果であるゼミ論文を作成することになります。なお、ゼミ論文では既存の議論をよく理解し自分なりに整理することに加えて、自ら問題を発見しその問題に対して自分なりの解決策を見つけ出すことにもぜひチャレンジしてください。そのようなチャレンジ精神こそが、皆さんのこれからの人生にとって大切であると考えるからです。


メッセージ

経済学はとても面白くて役に立つ学問だと思います。もちろん、最初は基本的なトレーニングが必要ですが、基本的な道具を学んだら現実の経済問題や身の回りの問題に応用してみてください。その切れ味の鋭さを知ることで、経済学を楽しく学ぶことができるはずです。

ページトップへ