教員紹介
宮川 努 教授

宮川 努 (ミヤガワ ツトム) 教授

経済学科:企業の設備投資や生産性向上に関する研究

略歴

  • 1978年:東京大学経済学部卒業
  • 1978年~1999年:日本開発銀行(現日本政策投資銀行)勤務
  • 2006年:経済学博士号修得

連絡先

  • E-mail:add_tsutomu_miyagawa.png

研究分野

マクロ経済学、日本経済論


主要業績

[著 書]

  • 『インタンジブルズ・エコノミー』(淺羽茂氏、細野薫氏と共編)東京大学出版会、2016
  • 『Intangibles, Market Failure and Innovation Performance』(Bounfour 氏と共編)Springer、2015
  • 『グラフィックマクロ経済学 第2版』(滝澤美帆氏と共著)新世社、2011 年
  • 『長期停滞の経済学』東京大学出版会、2005 年
  • 『失われた10 年の真因は何か』(岩田規久男氏と共編著)、東洋経済新報社、2003 年

[論 文]

  • 「どのような企業のサービスの質が高いのか?」(石川貴幸氏、枝村一磨氏、滝澤美帆氏、宮川大介氏との共著)『経済研究』Vol. 69, No.4, 2018.
  • “The Economic Impact of Supply Chain Disruptions from the Great East-Japan Earthquake”(with Jo ji Tokui and Kazuyasu Kawasaki)Japan and the World Economy 41.2017
  • "Estimates of Intangible Investment by Industry and Productivity Growth in Japan" (with Shoichi Hisa) The Japanese Economic Review 64, 2013, pp.42-72.
  • "Market Competition, Differences in Technology, and Productivity Improvement: An Empirical Analysis Based on Japanese Manufacturing Firm Data" (with Tomohiko Inui and Atsushi Kawakami) Japan and the World Economy 24, 2012, pp.197-206.

講義・演習の方針

[講義の考え方]
これまで、私は基礎マクロ経済学とマクロ経済学を交互に担当してきました。マクロ経済学の内容は非常に多く、これを1年で教えようとすると詰め込みすぎで消化不良を起こしてしまう可能性があります。しかし、マクロ経済学の内容を分割して、基礎マクロ経済学とマクロ経済学で異なる教科書を使うと、講義を受講する学生も混乱し、また余計な教科書代を負担しなくてはなりません。このため、1冊の教科書をじっくりと2年にわたって教えてきました。今後も基本的な方針に変更はありませんが、2019年度、20年度は変則的にマクロ経済学を中心に講義する予定です。

基礎マクロ経済学では、GDPの概念やその変動について学ぶとともに、経済全体を構成する三つの市場(財・サービス市場、労働市場、金融市場)の働きについて解説をします。これをもとに、マクロ経済学では主に3つの点を学びます。第1は、消費者と消費・貯蓄行動、企業の投資行動の要因を考えます。次に財・サービス市場と金融市場、さらには労働市場も加えて複数の市場間の相互関係について解説します。そして最後には、マクロ経済に影響を及ぼす3つの政策(財政政策、金融政策、成長政策)とその効果を取り上げます。
アインシュタインは、「重要なのは知識よりも想像力だ」と述べています。マクロ経済学は、必ずしも身近な経済取引を説明するわけではないので、この想像力を必要とする学問分野です。しかし、大学を卒業して社会に出ると、必ずしも身の回りの仕事をこなすだけでは十分ではなくなります。より自分を取り巻くより広い環境を踏まえて意思決定する場面が多くなります。その際に必要なのは、合理的な思考に支えられた想像力です。
マクロ経済学の学習を通して、経済関する想像力を養ってください。

また私は日本経済論Ⅰ、Ⅱも講義することがあります。こちらは、ミクロ経済学やマクロ経済学で得られた考え方を、日本経済の様々な側面に応用していく講義です。経済学の利点は、学問の内容が単に概念や論理の記述に終わらず、現実を記述したデータで確認できる点にあります。したがって日本経済Ⅰ、Ⅱの講義では、多くの経済データを使いながら、日本の経済現象を説明していきます。昨今データサイエンスという言葉が流行っています。
しかし、ただ単にデータを見てその変動を叙述するだけでは、現実の判断に役立ちません。データを見て、そのデータの動きを解釈し、様々な判断につなげていくためには、判断基準が必要です。

ミクロ経済学やマクロ経済学の理論はこの判断基準を提供してくれます。したがって、ミクロ経済学やマクロ経済学の理論をしっかり学んだ上で、経済データを利用する応用科目を学ぶことによって、実践的なデータサイエンスの考え方を身に着けることができると言えるでしょう。

[演習の考え方]
 
演習では、日本経済の課題を中心にテキストの輪読と、それを元にしたレポートの作成を行います。特に演習を通して伝えたいことは、「経済データを使って考え、判断する力を養う」ということです。現在の日本ではいろいろな媒体を通して、「内輪褒め」の議論に溢れていますが、こうした議論は多くの日本人の判断を曇らせています。様々な経済問題に対して、経済データを使ってより客観的な見方や判断力を養うことを学んでもらいたいと思います。

研究分野の紹介

私は学習院大学に赴任して、20年間をこの大学で過ごしました。
この間の研究分野は、主に生産性をめぐるトピックスです。経済の成長要因は、労働力の増加、資本蓄積、そして生産性の上昇によって支えられています。日本では、長らく低成長が続いていますが、これは単に少子化で労働力が増加していないだけでなく、生産性が低下していることも大きな要因となっています。生産性の問題は、経済学の祖であるアダム・スミス以来多くの経済学者が取り上げてきましたが、最近ではその計測方法が標準化され、国際比較も行えるようになっています。昨年、「生産性とは何か日本経済の活力を問い直す」という新書を筑摩書房から出版しました。この本では、生産性に関する様々なトピックを平易に書いていますので、興味のある方は読んで下さい。

メッセージ

私は、人が成長する段階で、「好奇心」、「想像力」、「大局観」という3つの要素が大事だと考えています。
大学時代は、このうち「好奇心」を思う存分発揮して、様々なことに挑戦する時期だと思います。多少の摩擦は気にせず、臆することなく、いろいろな体験をして下さい。

ページトップへ