教員紹介
鈴木 亘 教授

鈴木 亘 (スズキ ワタル) 教授

経済学科:社会保障論、医学経済学、社会福祉の経済学

略歴

  • 1994年:上智大学経済学部経済学科卒業
  • 1994年~1998年:日本銀行勤務
  • 1999年:大阪大学大学院博士前期課程修了
  • 2000年:同後期課程単位取得中退(2001年経済学博士取得)
  • 2000年:大阪大学社会経済研究所助手
  • 2001年:(社)日本経済研究センター研究員、2002年副主任研究員
  • 2002年:大阪大学大学院国際公共政策研究科助教授
  • 2004年:東京学芸大学教育学部総合社会システム専攻准教授
  • 2008年:学習院大学経済学部経済学科准教授
  • 2009年:同教授

連絡先

  • E-mail:add_wataru_suzuki.png
  • 研究室:東2-1112

研究分野

社会保障論、医療経済学、社会福祉の経済学、社会問題の経済学


主要業績

(著書)

  • 鈴木亘『経済学者、待機児童ゼロに挑む』新潮社、2018 年
  • 岩本康志・鈴木亘・両角良子・湯田道生『保健政策の経済分析』東京大学出版会、2016 年(2017 年度・第60 回日経・経済図書文化賞)
  • 鈴木亘『経済学者 日本の再貧困地域に挑む』東洋経済新報社、2016 年
  • 鈴木亘『社会保障亡国論』、講談社現代新書、2014 年
  • 鈴木亘編『脱・貧困のまちづくり「西成特区構想」の挑戦』明石書店、2013 年
  • 鈴木亘『年金問題は解決できる~積立方式移行による抜本改革』日本経済新聞出版社、2012 年
  • 鈴木亘・八代尚宏編『成長産業としての医療と介護 』日本経済新聞出版社、2011 年
  • 鈴木亘『社会保障と財政危機』講談社現代新書、2010 年
  • 鈴木亘『社会保障の「不都合な真実」』日本経済新聞出版社、2010 年
  • 鈴木亘『年金は本当にもらえるのか?』ちくま新書、2010 年
  • 鈴木亘『だまされないための年金・医療・介護入門』東洋経済新報社、2009 年(2009 年度・第9 回日経BP・BizTech 図書賞、2010 年度・政策分析ネットワーク・第1 回政策分析ネットワーク賞(奨励賞))
  • 阿部彩・國枝繁樹・鈴木亘・林正義『生活保護の経済分析』東京大学出版会、2008 年(2008 年度・第51 回日経・経済図書文化賞)

学外での活動

医療経済学会・事務局長、学術雑誌「医療と社会」編集幹事

所属学会 : 日本経済学会(代議員)、医療経済学会(理事)


研究テーマ

私の研究分野は、社会保障論、医療経済学、社会福祉の経済学、社会問題の経済学です。 具体的には、年金、医療、介護、保育、少子化対策、生活保護、ホームレスといった社会問題の解決に、経済学を応用して取り組んでいます。研究手法は計量経済学を用いた実証分析が中心ですが、フィールドワークや聞き取りといった現場に足を運ぶ調査も行っています。


講義・演習について

2年生から始まる演習については、今まさに社会問題となっているホットなテーマについて、毎回、デイベートという形で議論しています。デイベートとは、あるテーマについて賛否両論に別れ、チームごとに意見を戦わすという一種のゲームであり、知らず知らずのうちに合理的な思考方法、経済学の現実問題への応用が身につきます。
議論するテーマは、私の専門分野である社会保障や社会福祉だけではなく、スポーツ、芸能、恋愛、教育、犯罪など身近な社会問題を取り上げます。世の中のすべての事象は経済学で分析できる「なんでも経済学!」というのが私の信念です。


メッセージ

私が学部で経済学を学んだのは、既に30年も前のことになってしまいましたが、最初に授業を受けた時の感動は今でも鮮明に思い出すことが出来ます。それは、「世の中にこんなに役に立つ学問があるのか!」という衝撃でした。日々起きている複雑な社会問題を、鋭い切れ味で解き明かし、解決のための処方箋が明確に示される。そして、しばしばそれは常識とは全く逆の結論なのですが、合理的な思考・論理を辿れば、確かに経済学の処方箋は正しいと説得される、そんな経験でした。大学を卒業後、ずいぶん時間が経ち、いつの間にやら経済学が私の仕事になってしまいましたが、いまだにその感動は続いており、仕事としての苦労もありますが、やはりまだまだ経済学が面白くて仕方がありません。皆さんと経済学の出会いも、幸福なものになりますようにお祈りいたします。

ページトップへ