教員紹介
武石 彰 教授

20photo_akira_takeishi.jpg

武石 彰(タケイシ アキラ) 教授

経営学科:企業の戦略と組織

略歴

​1982年東京大学教養学部教養学科国際関係論卒、1990年マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院修士課程修了、修士号取得、1998年マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院博士課程修了、Ph.D.取得。株式会社三菱総合研究所(1982~1994年)、一橋大学イノベーション研究センター助教授、教授(1998~2008年)、京都大学大学院経済学研究科教授(2008~2020年)を経て、2020年より現職。フランス国立社会科学高等研究院(EHESS)客員研究員(2015~2016年)。


連絡先

  • E-mail:add_akira_takeishi.png
  • 研究室:東2-1102

研究分野

経営戦略、経営組織、技術経営


主要業績

1. 武石彰「イノベーションの経済・経営思想」諸富徹編『資本主義経済システムの展望(岩波講座 現代 第3巻)』岩波書店、2016年所収、137-164頁
2. 武石彰、青島矢一、軽部大『イノベーションの理由:資源動員の創造的正当化』有斐閣、2012年。
3. 青島矢一、武石彰、マイケル・クスマノ編『メイド・イン・ジャパンは終わるのか:「奇跡」と「終焉」の先にあるもの』東洋経済新報社、2010年。
4. Itami, Hiroyuki, Ken Kusunoki, Tsuyoshi Numagami and Akira Takeishi (eds.) Dynamics of Knowledge, Corporate Systems and Innovation. Heidelberg: Springer, 2010.
5. Nagaoka, Sadao, Akira Takeishi and Yoshihisa Noro, “Determinants of Firm Boundaries: Empirical Analysis of the Japanese Auto Industry from 1984 to 2002.” Journal of the Japanese and International Economies, 22, 2008, pp. 187-206.
6. 武石彰『分業と競争:競争優位のアウトソーシング・マネジメント』有斐閣、2003年。
7. Takeishi, Akira, “Knowledge Partitioning in the Inter-Firm Division of Labor: The Case of Automotive Product Development.” Organization Science, Vol. 13, No. 3, 2002, pp.321-338.
8. Takeishi, Akira, “Bridging Inter- and Intra-Firm Boundaries: Management of Supplier Involvement in Automobile Product Development.” Strategic Management Journal, Vol. 22. No. 5, May 2001, pp.403-433.
9. 藤本隆宏、武石彰、青島矢一編『ビジネス・アーキテクチャ:製品・組織・プロセスの戦略的設計』有斐閣、2001年。
10. 一橋大学イノベーション研究センター編『イノベーション・マネジメント入門』日本経済新聞社、2001年。
11. Cusumano, Michael A. and Akira Takeishi, “Supplier Relations and Management: A Survey of Japanese, Japanese Transplants, and U.S. Auto Plants.” Strategic Management Journal, Vol. 12, No. 8, November 1991, pp.563-588.


学外での活動

企業・社会人向けプログラムなどでの講義・講演、日本学術振興会科研費審査委員、政府委員会など
所属学会:組織学会


研究テーマ

私の研究テーマは、企業の戦略、組織、そしてイノベーションに関わることです。とくに、企業間分業と競争優位・技術革新、イノベーションの社会的プロセス、音楽産業と技術革新の歴史などに焦点をあて、インタビュー、アンケート、各種データを用いて、実証研究を行っています。

講義・演習の方針

担当させていただく「経営組織論」は、経営組織の基礎について学ぶ科目です。経営組織とは何か、何のためにあるのか、経営組織が目指す成果を生み出していくためには何をどのように考えればよいのか。これらのことについて経営学が明らかにしていること、論じていることを修得していただくことを目指します。経営組織をめぐる経営学の基礎的な議論を概説することが授業の中心になりますが、実例の紹介も交えながら、また経営学を学ぶことの実践における意味も含めて、お話ししたいと考えています。経営学を初めて学ぶみなさんに、経営学に興味をもっていただけるよう、わかりやすく、おもしろい授業となるよう努めます。
演習では、戦略、組織、イノベーションを基本テーマとして、基礎的なあるいは先端的な書籍・論文の輪読、ケース・ディスカッション、プロジェクトなどを通じて学んでいきます。少人数のメンバーによる双方向のやりとりを大切にし、お互いに刺激、貢献しながら、学んでいく場、機会を一緒に創っていきたいと考えています。全体を通じて、経営学の知識を受動的・表面的に学ぶのではなく、経営学は現実においてどのような役割、意味を持ちうるのかを理解して上で、実際の問題にあてはめ、活用していくための力をつけていくことを目指します。

メッセージ

これから何をしたいのか、明確な目標を持っている人もいるでしょうが、よくわからない人、やがて目標が変わっていく人もいるでしょう。
社会に出る前の貴重な時間となる大学時代を、試行錯誤を重ねながら、様々な可能性を探索、開拓することに費やしていただければと思います。その過程に、なんらかの形でささやかでも関わることができれば、幸いです。
No music, no life. You ain’t heard nothin’ yet.

ページトップへ