経済学部概要

pict_outline_01.jpg

学習院大学は、1847年までさかのぼる歴史の古い大学ですが、経済学部は、東京オリンピックが開かれた 1964年(昭和39年)に、もともとあった政経学部から分離する形で設置されました。

経済学部の大きな特徴は、第一に、教授陣の質が高いことが挙げられます。国内外の学会をリードする第一線級の研究者が多いほか、国や自治体の審議会などの委員を務めて政策に携わる研究者、マスコミや出版物を通じて社会に多大な発信力を持つ研究者が大勢います。こうした学会や実社会で活躍する教授陣から、学生は専門知識のみならず、その後の人生に役立つ考え方、哲学など、大きな影響を受けることができるでしょう。

第二に、経済学部には、経済学科と経営学科の2学科がありますが、一学年の学生定員は各学科とも250名と小規模で、1年次から多彩な専門教育が受けられる丁寧なカリキュラムが編成されています。大規模教育に偏りがちな私学にしては珍しく、講義自体も小規模なものが多く、演習(ゼミ)や応用科目においては少人数のきめ細かい教育を受けることができます。

第三の特徴は、多感な学生時代を送るにふさわしい様々な教育環境が整っていることです。圧倒的な蔵書数を誇る法経図書センター、パソコンなどの情報教育環境、語学教育や留学を支援する経済学部特有の制度、キャリア・デザインを後押しする教育も充実しています。また、共同研究室という学生と教授の間に立って、教育におけるきめ細かいサポートをしてくれるスタッフがいることも大きな特徴です。


DATA

pict_outline_02.jpg
pict_outline_03.jpg
 学科  経済学科
 経営学科
 学部開設年度  1952年政経学部の開設 / 1964年経済学部へ独立
 大学院開設年度  1979年経済学研究科 / 1978年経営学研究科

ページトップへ