共同研究室

学生の教育や先生方の研究のサポートをする経済学部のスタッフとして、現在、経済学部共同研究室には10人の副手および1名の研究支援スタッフが常駐しています。副手とは学習院大学独自の制度で、先生方の研究・教育活動のサポートをする秘書としての役割と、学部事務を行う役割の双方を受け持つ学部のスタッフです。学生の方々は、授業の用意やレポートの受け渡しなどの際に、副手にお世話になります。また、先生への依頼や大学の事務に関連して、様々な相談、仲介業務を行いますので、ご用のある方は東2号館12Fのカウンターでお気軽に声をかけてください。

経済学部共同研究室

pict_laboratory_03.jpg

場  所: 東2号館12階

開室時間: 月~金曜日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:30

※大学の行事期間中の閉室日時は、
共同研究室入口に掲示します。

共同研究室の利用の仕方

(1)先生と面会したい
先生との面会を希望する学生にはアポイントを取ったり、授業の時間割などを教えています。ただし、非常勤講師の先生に面会を希望する場合には、講師控室(西1号館1階)を訪ねるか、授業の前後にお会いしてください。

(2)演習室を利用したい
東1号館4階(401~405)の演習室をサブゼミ・自主ゼミで使用する(サークルでは使用できません)には、共同研究室で手続きが必要です。
利用の際には指定の用紙に記入の上、鍵の借用手続きを行ってください。

  • 鍵は学生証と引き換えに貸し出します。
  • 演習室の備品の不備や用品の不足については共同研究室までご連絡ください。
  • 使用後は電気・エアコンのスイッチを必ず消し、戸(窓)締まりをしっかりしましょう。
  • 演習室内はすべて禁煙です。みんなが気持ちよく使えるようにしましょう。
  • 使用後は速やかに鍵を返却してください。

(3)コピーを頼みたい
前日までに依頼された演習で使用するレジュメに限り、コピーを請負っています。

【コピーの依頼方法】

  1. 指導教員の許可を得る。
  2. 共同研究室にてコピー依頼用紙を記入し、提出する。 (受け取りたい日の前日までに依頼してください。当日にはお引き受けできません。)
  3. 受け取る。(教材配布棚の上のラックに置いてあります。)

(4)教材の配布
授業で使用する教材・資料は、基本的に授業中に配布されます。授業によっては、先生からの指示があれば残部などを共同研究室前の廊下の教材棚に出しておくものもあります。その他廊下には重要な掲示物も貼ってありますので、ご確認ください。

共同研究室からのお願い

pict_laboratory_03.png

(1)レポートの提出
【レポートの主な提出のしかた】

  • 東2号館1Fもしくは12Fのレポートボックスに提出
  • 授業中に提出
  • 共同研究室に持参
    提出先・〆切日などについては先生の指示に従い、きちんと確認してから提出してください。

【レポートボックス使用上の注意】

  • ボックスの窓に貼られている「授業名・教員名」を確認して入れるようにしてください。
  • レポートボックスの投入口はかなり狭くなっていますので、丁寧に入れてください。

(2)ゼミ用ロッカーの利用
東2号館1階のラウンジ横にゼミ生や指導教員のコミュニケーション用ロッカーが設置されています。ロッカーの鍵の暗証番号は指導教員にお尋ねください。(基本的に共同研究室で教えることはできません。)また、ロッカー上や周辺に荷物を放置しないで、きれいに使いましょう。

(3)経済学部からのお知らせ
経済学部・共同研究室からのお知らせは、北1号館そばの掲示板や東2号館1Fに掲示してあります。頻繁に確認するように心がけてください。

お問い合わせ先

〒171-8588 豊島区目白1-5-1 東2号館12階 経済学部共同研究室

TEL:03-5992-3075(直通) FAX:03-5992-1007

アドレス:econ-off@gakushuin.ac.jp

大学の教務課

共同研究室のほか、大学全体の授業履修や成績、進級などに関する事柄は、大学の学生センター教務課が担当しています。中央棟の1Fにありますので、こちらの窓口も気軽にご利用ください。

ページトップへ