語学の学習

経済学部の英語専門科目

経済学科・経営学科とも英語専門科目を設置しています。例えば、経済や経営を英文の教科書や論文を通して学ぶ「外国書講読」があります。国際化時代に対応して「英語で学ぶ経済学」「英語で学ぶ経営理論」「英語で学ぶビジネス事情」も設けられています。これは、実際に国際社会で働いた経験があるネイティブの英語講師などが、英語によって授業を行っています。


外国語教育

一般の語学の授業も20人から30人の少人数クラスです。
経済、経営のいろいろな問題を初級、中級、上級のレベルに合わせて英語などの語学で議論します。


英会話プログラム

国内で著名な複数の英会話学校(ベルリッツ、ブリティッシュ・カウンシル)に委託し、夏季休業・春季休業の期間に「英語集中プログラム」を、また、週1回月曜・木曜(5限目)に「英語イブニングプログラム」を、大学キャンパス内にて安価で経済学部生向けに開催しております。


TOEIC IP受験支援プログラム

経済学部生を対象にTOEIC IP受験を年2回実施しています。
この受験支援プログラムでは学生の自己負担額の一部を経済学部が支援する形をとっています。


ゼミ海外研修合宿補助制度

ゼミ研修合宿を海外で行うため、その費用を経済学部より一部補助することで、学生の負担を軽減しています。
*国内ゼミ研修にも一部補助があります。


海外短期英語研修奨学金制度

夏季休業を利用して、英語圏にある海外大学付属またはそれに準じる語学学校の語学研修に参加し、有意義な成果を収めた経済学部生に、奨学金を支給する制度です。


外国人院生対象の日本語論文演習プログラム

経済学部の外国人院生を対象とする日本語論文演習プログラムを実施します。日本語論文執筆スキルの向上に役立ちます。

ページトップへ