学ぶ力は、
未来を拓く

学習院の教育目標は、「ひろい視野 たくましい想像力 ゆたかな感受性」。学生の個性を尊重しながら、文理両分野にわたる広義の基礎教育と多様な専門教育を有機的につなげる教育を行っています。自ら課題を発見し、その解決に必要な方策を提案・遂行する力を十分に身につけた人材を育成すること。それが学習院大学の使命です。

学習院大学の歴史

1847 起源
幕末の京都に設けられた公家の教育機関学習院の起源は、幕末の京都にあります。1847年に京都御所の東側に公家の教育機関として学問所が設置され、1849年に孝明天皇より「学習院」の額(=勅額)が下賜されました。それが、学習院という名称のはじまりです。この名称は、論語冒頭の「学而時習之、不亦説乎」が由来であるとされています。
1877 ・1947華族の教育機関から
より開かれた
私立学校へ
1877年、華族学校が神田錦町に開設され、明治天皇の勅諭により、かつて京都にあった学習院の名が継承されました。現在の学習院は、この時を創立としています。1947年には、現在の学校制度の根幹となる学校教育法と教育基本法が施行。この年に、学習院は私立学校となります。
1949大学の開学と
「学習院大学設立
趣意書」
1949年に新制学習院大学が開学しました。安倍初代学長は、「学習院大学設立趣意書」の中で、大学の特色に「国際的知識の養成、外国語の練熟と共に世界と国内との生きた現実の理解、更に進んでは文化国家としての日本の遠大な理想たる東西文化の融合」を挙げました。
1978 ・1999学習院創立百周年、
学習院大学開学50周年
そしてその先へ
1978年に創立百周年、1999年には大学開学50周年を迎えました。学習院は、華族の学校として誕生し、戦後は私立学校として再出発する歴史を歩みました。学生生徒の個性を育み、国際的な視野の広さを養う教育は、創立当初から一貫して続けられています。

学習院大学の現在

学習院大学の4学部16学科、大学院7研究科が集うのは、都心でありながら緑豊かな目白のキャンパス。ワンキャンパス、少人数制教育ならではの、充実した教育環境となっています。

  • 教育
  • キャンパス
    ライフ
  • 就職
教育
第一線で活躍する教授陣教壇に立つのは、「その分野の第一人者」として評価され、数多くの著名論文や受賞経験を持つ教授陣です。最先端の“知”にふれられる、ハイレベルな教育を行っています。
きめ細かな教育指導全学部、全学年がワンキャンパスに集う学習院大学では、約7割の授業が1クラス40名以下の少人数制で行われています。教授陣や同級生、先輩、後輩との近い距離感も特徴です。
キャンパスライフ
ワンキャンパス山手線の目白駅から徒歩30秒という抜群のロケーションに位置し、緑豊かな空間に再新設備と歴史建築が共存する美しいキャンパス。4年間、ひとつのキャンパスに通えることも学習院の魅力です。
いろいろなことに挑戦できる環境人と人が自然体で付き合えるアットホームな雰囲気だからこそ、好奇心の趣くままに、初めての活動に挑戦することができます。親身になって相談に乗ってくれるサークルや部活の先輩や仲間もいます。
就職
高い就職内定率ハイレベルできめ細やかな授業で育む確かな学力や広い視野、そしてそれぞれの学生としっかり向き合う充実した就職サポートが、全国平均を上回る就職内定率を維持している秘訣です。
多種多様な就職サポート学習院大学は、「就職に強い大学」として評価されています。その実績を支えるのが、キャリアセンターや卒業生たちによる多種多様な就職サポート。多彩な就職セミナーが開催されています。

8,796

学生人数

※学部・大学院含む※2015年4月時点(学部・大学院含む在籍する学生人数総数)

1,373

教員数

※2015年4月時点(非常勤講師等含む在籍する教員数総数)

9.7万人

卒業生の総数

※2015年4月時点(学部・大学院含む卒業生の総数:96,659人)

183

図書館所蔵数

※2015年3月時点(大学図書館・法経図書館含む所蔵総数:1,829,909冊)

18万㎡

敷地面積

※2015年4月時点(目白キャンパスの大学専用部分及び法人共用部分:175,439㎡)

97.8%

就職内定率

※2015年3月時点(学部・大学院含む就職希望者を対象、全国平均96.7%)

160

就職支援プログラム

※2015年4月時点(キャリアセンターによる就職や進路支援のプログラム数)

124

部活動

※2015年4月時点 (輔仁会大学支部運動部会・文化部会・文化系同好会、独立団体の総数 サークルは含まない)

未来への取組み

 
国際社会学部(仮称)の開設に向けて学習院大学は、52年ぶりの新設学部となる国際社会学部(仮称)の開設に向けて取り組んでいます。平成28年4月の開設をめざす本学部では、語学教育と専門教育を通じて、グローバルに活躍する人材の育成を目指します。
 
アクティブラーニングの推進グループディスカッションやグループワーク等を通じて、学生が主体的に学びに取り組むアクティブラーニング(能動的学修)。アクティブラーニング推進のため、フレキシブルな配置が可能な机や椅子を備えた教室を整備しました。
 
大学連携による海外研修プログラム平成23年度に開始した海外研修プログラム「グローバル・キャンパス・アジア」のさらなる発展を目指します。現在は学習院大学が主体となり5コースを展開し。今後は他大学とも連携し、平成29年度までに9コースを目指します。
 
海外フィールド研修(欧州・日本研究)を授業科目に平成25年度にスタートした海外短期研修事業「学習院―アルザス欧州日本学研究所連携事業」。アルザス欧州日本学研究所と連携したこの短期派遣留学プログラムは、大学や女子大学の学生が参加でき、平成27年度から修得単位として認められる授業科目となります。
 
学習環境の改善やリノベーションバリアフリー対応のため、西1号館の改修を行います。また、学内の生活環境整備の一環としてトイレもリニューアル。また、国際社会学部の開設に向けた南2号のリノベーションを行いました。今後も、学生の要望を取り入れた環境整備を順次実施します。
 
Web出願の導入平成28年度一般入試から、Web出願制度を導入します。これにより、24時間出願が可能になると共に、願書を取寄せる手間や出願書類の記載ミスもなくなります。なお、希望者は、今までどおり紙媒体で出願することもできます。
 
キャリア教育・キャリア支援の拡充学習院大学は、他大学と比較しても高い就職率を誇っています。キャリアを自ら考え、計画し、行動する能力を身につける「キャリア教育」と、就職したい学生が就職したい企業等に就職できるようサポートする「キャリア支援」双方の体制を強化し、連携を深めることで、更なる体制の整備を行います。